ついにルーフテントの販売開始!!

どうも!お世話になっておりますの方も、初めまして!の方も、営業マネージャー吉江です!

今回は、ついに!つ・い・に!ルーフテントの販売を開始する事に漕ぎつけました!!!!!!!!

いや~この話し、じつは去年からず~~~~~っとしてたんですが、なかなか進展してくれなくて、ずっとヤキモキしてたんですよ~。

もうね、一瞬忘れ去られたのかと、思ってましたよ。そしたら、いきなり社長が、これ展示して管理しておいて、って。

社長ぉ~!!!そういう事は・・・早く言ってよ~~(某CM風で)

と、思ったところで、『この車は基本売っちゃったらダメだからね』と

(?_?)?どういう事?

曰く「これは預り車両なので、展示したりルーフテントに乗ってもらうのは大丈夫だけど、販売するとなると色々と大人の事情があるからダメです」

っておいおい、そんなの持ってきていいんかい。と心の中でツッコみましたが、とりあえずは展示する事は可能、ルーフテントに上って体験してもらうのも可能、という事だったので、ルーフテントの販売はOK!となりました!\(^o^)/

このルーフテント、実は同じ板橋区内の会社さんがヨーロッパのポルトガルから輸入しているんです。

ブランド名は『James Baroud(ジェームスバロウド)』といいます。

なんか、最初聞いた時は人の名前っぽいって思いました(笑)

でもこのルーフテントかなり自分の中ではいいんじゃない?って思ってて

他のメーカーさんは大体多くても2種類くらいで大まかに分けるとソフトタイプとハードシェルタイプという2種類で、ソフトタイプは普通のテントを折り畳み式にしたみたいな感じなんです

一方ハードシェルは上下が硬い材質で周りは布地という作りです。

それぞれに特徴があって趣味趣向によって選び方が変わるかなぁ、というのが正直な感想。しかも結構色んなメーカーが販売しているんですね。

で、じゃあなんでこの『James Baroud』を選んだか、と言うと、

①ハードシェルタイプだけで基本形が3タイプ!ソフトタイプもある!

②解放感が他メーカーと比べて段違い!

③FRPの3層構造!

④オプション品が豊富!しかもユーザーフレンドリーな商品が多い!

という4点から選びました!しかも東京の販売店は実は総輸入元さんだけ、という・・・つ・ま・り、ライバルがいない!!

①の基本形についてはメーカーさんのHPをご参照いただければすぐにわかるかなぁ、と思いますので、こちらからメーカーさんのHPへ飛んでいただければと思います。

②の解放感ですが、私が最初見させてもらったのは「EVASION(エバション)」という四角い直方体型のタイプで、周りは当然布地なんですが、360°網戸になっちゃうんです。これね、意外と他メーカーさんはやってないんです。なんでなのかは分からないんですが、とにかく風通しが段違い!!!ちょうどこのくらいの時期なら対角線に風が抜けるように網戸にすればちょうどいい!もしかするとちょっと寒いくらいかも!しかも網戸にして寝てもプライバシーはしっかり守られるという新設設計!!当店で展示しているのは「SPACE(スペース)」というタイプなのですが、これでも270°は網戸になるので十分風通しもGOOD!車の上から見る風景は一味違います!

③FRPは断熱性も高く、よくキャンピングカーの外装素材としても用いられます。な~んだ、みんな使ってるのね、と思いますよね。はい、私も思いました。ですが、3層構造という部分がネックになります。

実はFRPは1枚だと分厚く作らない限りは基本ペラペラです。人が乗っかったら割れます。その分軽くて生産コストに優れているのが特徴なんですが、これをFRPを2層にして真ん中に断熱材を入れることによって強化されてるんです。いや~見本の断面見せてもらいましたが、納得の剛性感でした。とは言えやはり基本素材はFRPですから、ハードシェルタイプの中で飛んだり跳ねたりしたら・・・危ないのでやめましょう。

でもこれ、結構重要なことで、他メーカーさんと作りが全然違います。

④のオプションに関してなんですが、これはほんとに使う人によっている・いらないが分かれます。でもアウトドアを結構します!っていう人には「あ、これは便利だわ」っていう装備が多いんですよね。こちらも日本総輸入元さんのHPから見てみてください。

とまぁ、色々書き連ねてしまいましたが、鈑金・自動車整備業も毎日頑張って営業しております!

ルーフテントに関しては当店で取付けさせていただいたお車の車検は当店でお受けいただけます。販売時にはその辺りもご説明させていただきますので、ご安心下さい。(総輸入元さんに聞いた悩みも車検が・・・とおっしゃっていたので)

ご不明な点等ございましたら、当ホームページの、お問合せページからどんどんご質問下さい。お時間かかってしまうかもしれませんが、必ずご返信させていただきます。

それでは、また近いうちに、ブログ更新も頑張るぞ~~!

吉江

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA